海外FXの始め方~海外FXの誤解とメリット・デメリット~

お小遣い稼ぎ
スポンサーリンク
やすくん
やすくん

こんにちは!

借金だらけの元証券会社員です。

「FXを始めてみようかな…」

「FX始めたけどなかなか増えない・・・」

というときに出会うのが「海外FX業者」ではないでしょうか。

でも、

  • 「海外FXは危険」
  • 「海外FX業者を利用するのは違法」
  • 「海外FX業者は詐欺業者」
  • 「海外FX業者は金融庁が警告を出している」

などなど、とても手を出してはいけないもののように喧伝されており、

口座開設まで至らない方も多いのではないでしょうか。

今回は、それらの疑問を解説したうえで、人気の海外FX業者等も見つつ、

口座開設するうえでの注意点もまとめていきたいと思います。

この記事については、個人的な見解が多々含まれております。口座開設をお勧めすることを主旨とするものではなく、個人的に正しいと考えていることについてまとめているものになりますので、開設や取引については他サイト等も閲覧のうえ、十分に納得してから判断するようにお願い致します。

スポンサーリンク

海外FXの特徴

そもそも海外FX業者とは、「日本以外の国に所在するFX業者」のことです。

つまりとある業者がアメリカにあれば、その業者はアメリカ人から見れば「国内FX業者」であって、日本の業者が「海外FX業者」となるわけです。

ですので一括りにまとめることもできません。

詐欺まがいの会社もあれば、優良会社もあるわけで、それはどの業種、業界も一緒ですよね。

海外所在=日本の規制を受けない=危険??

はじめに断っておきますが、

投資家にとって、国内FX業者が絶対安全、というわけでは決してありません

よく聞く、海外FX業者は危険、というわけでも決してありません。

ではどのような業者を利用すればよいのでしょうか。

まず、海外FX業者とはどういうものか簡単にご説明いたします。

海外所在ということは、「日本の法律に縛られない」ことを意味します。

つまり金融商品取引法に縛られないことになります。

確かに金融商品取引法は、業者の適格性を審査し登録することで投資家の保護をしている法律です。

よって登録のある国内FX業者は金融庁によって適格性があり安全性が担保されていると認められていることになります。

ということは、金融庁により規制を受けていない、

海外所在のFX業者は危険、ということなのでしょうか。

ちなみに、「海外FX業者は金融庁から警告を受けている」ということは事実です。

が、受けている警告の内容は、「無登録で金融商品取引業を行っている」ことに対してであって、必ずしも詐欺業者だと警告しているわけではないことを認識を正すべきかと思います。

つまり

「日本語でHP作ってるだろ!!日本で活動しているだろ!!投資家保護のために金商法守れよ!!」

と警告しているわけです。

ですが、

金融商品取引法が定める規制は、本当に投資家保護につながる規制なのでしょうか。

例えばレバレッジ規制。日本では25倍まで、と規制されています。

海外は青天井で数千倍まで出来る業者もありますが、最低でも数百倍はあります。

結論から言ってしまいますが、レバレッジ規制は投資家保護に繋がりません。

どうしてそう言えるかは例を挙げて後述します。

となると、なぜ金融庁は躍起になって規制をし、海外業者を使わせないようにしているのでしょうか。

実は投資家保護といいながらも、

海外勢に日本の金融業界が負けないように金融庁が保護しているわけです。

完全に日本のFX業者はガラパゴス化していて、

グローバルにはとても戦えないので保護されてるんでしょう。

でなきゃ説明がつきません。

ゼロカットシステムもなく、

顧客との相対取引で注文を呑み、

レバレッジ規制で元手が過剰に必要な国内FX業者が、

適格性があり安全性が担保されている」

とお墨付きをする理由がありません。

でも海外FX業者を利用するのは違法なのでは?

国内FX業者が必ずしも良いわけではなく、

海外FX業者が必ずしも悪いということはないことを申し上げました。

ですが、

「海外FXの利用は違法です」と他サイトで断言しているのも見かけます。

「さすがに違法なら使えないや…」と思われるかもしれません。

しかしながら、他サイトが違法と言い切っている根拠はどこにもなく

どこでそう判断したのかさっぱり分かりません

逆に断言します海外FX業者を利用することに違法性は全くありません

金融商品取引法にそのような一文はありませんのでご安心ください。

海外FX業者のメリット・国内FX業者のメリット

では、FX業者を選ぶにあたって、海外FX業者と国内FX業者のどちらを選べばよいのでしょうか。

海外FX業者国内FX業者それぞれ利用する上でのメリットは何でしょうか。

一般的に他サイト等で言われる比較で言えば、

海外FX業者:より少ない資金で大きな取引が出来る、ゼロカットシステム、口座開設ボーナス、NDD方式

国内FX業者:スプレッドが狭い、信託保全をはじめとした金融庁のお墨付きの安心感、税金が安くて損益通算できる

等が良く言われるメリットです。どういったものかそれぞれ、例で見ていきましょう。

※サービスの説明をするために分かりやすくしており、これらのサービスが全ての海外FX業者、国内FX業者に当てはまるわけではありません

レバレッジ400倍の意味

1ドル=100円の時の時、

10万通貨買うと、1000万円分のドルを持つことと同じです。

(100円×100,000=1,000万円)

これが1ドル=101円になれば、

10万通貨1010万円になりますので、10万円の利益が出る。

さて、この取引をするのに、一体

資金はいくら必要になるでしょうか。

国内FXでは25倍が最大と決められているので、

1000万円÷25=40万円必要になります。

海外FXでは、千差万別ですが、少ないところで400倍ですから、

1000万円÷400=2.5万円のみ必要になります。

これが1000倍なら1万円で済みますね。

これがレバレッジ25倍と、400倍の差です。

この元手のことを証拠金といいます。

証拠金が少なくて済むというのは、もちろん入金額が少なくて済むことでもありますが、何より、実は投資の選択肢が増えるということでもあります。

40万円を入金し、10万通貨の取引を行った場合

1ドル=100円で買った(1000万円)のが

98円になった(980万円)時には、

20万円の含み損を抱えています。

このとき、99円には戻る!と反転を見込んでもう10万通貨を買おうとしても、

国内FX業者では買えません。

買うならば、更に入金をしないといけませんし、

このままではポジションを維持するための40万円に損失が出ているわけですから、

警告(マージンコール)後強制損切(ロスカット)されてしまいます(※どの水準かは各業者の規定による)

一方、海外FX業者は98円でこのとき10万通貨買うことが出来ます

なぜなら10万通貨ポジションを持つのに必要なのは2.5万円だけだから。

このように、レバレッジの差というのは、

投資できる量にも差が出ますし、

同じ資金でも安全性に差が出ます。

レバレッジ500倍!と聞いて、

「わぁ、ギャンブル性が高くて危険…」

と考えるのは実はそんなことないってことですよね。

レバレッジが高いほど、選択肢が増え、安全性が増すこともあるわけです。

なので金商法でレバレッジ規制しているのは投資家にとっては逆効果

ということは規制すればするほど入金する額は多く必要で、

強制損失確定(ロスカット)されやすいということは、

規制はだれのためなのでしょうね。

…もう、お分かりですよね。

そう、業者のためですよね。

入金ボーナスで更に安全性が増す

また多くの海外FX業者では入金ボーナスと呼ばれる、

入金額の2倍が証拠金となるサービスもあります。

先ほどの例でいえば、40万円入金したら、80万円が証拠金として利用できるサービスです。

もはやここまでくると安全性は雲泥の差です。

1ドル=100円の時、

10万通貨買うと、

1000万円分のドルを持っていることになります。

これがdドル=96円になったら、

960万円になってしまい、入金された40万円は無くなってしまいます。

ですが証拠金を2倍にしてもらえる入金ボーナスが適用され、

40万円が合計80万円の証拠金となっている場合であれば、

1ドル=92円(つまり920万円)まで、

ポジションは耐えることが出来ます。

当然、1ドル=92円になる前に新たにポジションも追加できるため、

ナンピンを戦略に入れている場合にはタイミングも多くなることになります。

ゼロカットシステム

さて、ゼロカットシステムも多くの海外FX業者で採用されています。

むしろなぜ、「金融庁のお墨付きをもらった安全な国内FX業者」が、

これを採用しないのかが不思議です(皮肉)。

これはDD方式とNDD方式というものと話が関わってきますが、まずはゼロカットシステムについて。
ゼロカットシステムは、「入金した額以上の損失をしない」システムです。

「え、それって当たり前じゃないの?」という方もいるかもしれませんが、

「金融庁のお墨付きをもらった安全な国内FX業者」の場合は当たり前ではありません。

それどころか、追証という日本独自の恐ろしいシステムが作動します。

どういうことかというと、実際に起こった、スイスフランショックを例にご説明しましょう。

スイスフランは1ユーロ=1.20スイスフランまでを維持するように為替介入されていました。

ところがスイスが突然

「もう維持できまへん。すまんな」と発言し、

一気に1.20から0.86まで急落。

このとき、損失を抑えるように逆指値を入れていた投資家たちを嘲笑うかのように、

「値飛び」していきました(指定した額で決済されなかった)

この時、国内FX業者利用者では、

逆指値をして損失を最小限にとどめようとした注文も刺さらず

入金額以上の損失が軒並み発生しました。

これはすべて、利用者から業者への借金となりました。

その時海外FX業者の利用者はというと、

ゼロカットシステムによって入金した額がゼロにされました。

が、それ以上の入金はなし

さて、このようなショック数年単位で必ず起こります

安全なのは、いったいどちらですかね?

スプレッドの狭さの真実

さて、スプレッドの狭さ国内FX業者に軍配が上がりそうです。

なんといっても、0.3銭とか、もう海外FX業者では考えられない狭さです。

でもどうしてこんなに狭くできるんでしょう。

日本以外の業者はもう少し広いのに。

その答えは、国内業者が採用しているDD方式と、海外業者が採用しているNDD方式に答えがあります。

DD方式というのは、取引所を通さない、業者との相対取引のことです。

利益も損失も、業者が払う、あるいは貰っている方式です(注文を呑む、という)。

つまり顧客のトレードが上手ければ上手いほど、業者は損をします。

逆に言えば、顧客が損をするほど業者は儲かる。

また、

どの業者もやっている、ということはありませんが、

一瞬だけ異常にスプレッドを広げたりレートを動かせば、顧客の損失も業者の利益も思うがまま

もしよければ、一度インターバンクとのレート差を見てください。

インターバンクは陽線なのに、業者は陰線になっている…なんてことありませんか?

そもそも、なんで日本だけ利用するプラットフォームがMT4とかではなく、各社独自のアプリなんでしょうかね…考えたら理由はわかっちゃいますよね。

日本だけでスプレッドの引き下げ合戦をしている理由も。

さて一方、世界のスタンダード海外業者では、NDD方式、つまりインターバンクに直接投資家が注文した内容で注文します

その時、手数料を取らないと商売として成り立ちませんから、手数料を各社設定しています。

これが本来の意味でのスプレッドです。

どちらが良い、悪い、という判断は個人の判断ですのでお任せしますが、

ビジネスモデルとして、顧客の損失を期待しているのはどちらなのか。

また、儲けて長く続けてもらった方が業者の利益になるのはどちらなのか。

分かるのではないでしょうか。

金融庁のお墨付きで安心?

金融庁のお墨付きという安心感については、もう安心感を感じてもらう人にはメリットですよね。

まぁそれ以上でもそれ以下でもないし、

お墨付きをもらっていてもこんなことをしている国内トップレベル業者もいますし、

注文がスリップしていたのにしていないとしていた

だからといって返金対応があったわけでもないし。

いったい何が安心なのか分かりませんが、安心は安心ですよね!!(皮肉)

ちなみに海外FX業者のAxioryは、約定速度、約定実績を開示して透明性を高める取り組みをしています。

金融庁のお墨付きで営業していても、不正があれば公にしてくれるだけで、投資したお金が返ってくるわけではないとしたら、

業者選びはどちらにしても自分の判断、自己責任になりますよね。

税金が安い

完全に海外FX業者に勝っている点は、やはり税金です。

国内FX業者はどれだけ勝っても一律20.315%。

しかも損したら3年間は繰越できる。

それに対して、海外FX業者はどんな業者だろうと、雑所得扱いなので、

300万円を超えてくると完全に国内業者が有利です。

サラリーマンなどでは控除後給与と合算されて所得税住民税が計算されますから、まず超えてくると思われます。

ただし、どちらにしても利益を出していれば、の話ですので、万年負けトレーダーであれば関係ありませんけれども。

どういった業者があるのか?

先ほどの例では、基本的にすべての海外業者がすべてのサービスがある前提にしていましたが、

海外業者でDD方式採用、ボーナスなし、というところもあります。

また、国内業者でもNDD方式を採用している会社もあります。

全体の傾向として海外、国内業者の違いを挙げてきましたが、様々なFX業者から、優良会社を見つけるにはどうしたら良いでしょうか。

正直、こればっかりは本当に自己責任で、見極めてください。としか言えません。

イギリスの金融ライセンスがある、とか信託保全している、

ということはHP等から判断できます。

が、それが本当であるかどうか

本当であっても、それを以って安全・優良といえるかは別です。

見る目を養い、実際に使ってみるしかありません。

以下はやすくんが利用していて、

優良だと思う5つの業者です。

が、それは今までのやすくんの実績と経験であって、それがこのまま続くことを保証するものでもありません。

逆に、過去に色々あったにせよ、現在は優れていると感じている業者も含めています。

参考にしていただくとして、最終判断はご自身で。

主に、安全性(運営歴、出金拒否の有無、金融ライセンスの有無)、利便性(スプレッド、スワップ、入出金の速さと種類、サーバー落ちしない、スリップのしにくさ)等で判断しています。

XM

  • 豊富な金融ライセンス
  • 日本人向けサポートが手厚い
  • 入出金どちらも早く、正確
  • 信託分別管理、保険加入
  • サーバー落ちしない
  • スプレッドは広め

といった特徴が挙げられます。

「海外FX業者を現在利用している人は、全員XM口座は持っている」

といえるくらい、海外FX業者では有名な業者です。

それくらい安全、安心度が高い業者と言えます。

スプレッドは広めですが、キャッシュバックサイトやXM独自のポイントを活用すれば、実質スプレッドはものすごく狭い。

XMを利用する場合は、XM独自のポイントとキャッシュバックをどちらも上手く活用するために、

通常口座キャッシュバックサイト経由口座をどちらも開設すること

これが重要になります。

XM.COMのキャッシュバック口座開設はこちら

Axiory

  • 豊富なライセンス
  • 入出金は確実
  • 日本語サポート万全
  • 取引スピードが速い(サーバー落ちしない感No.1)
  • どの口座もNDD方式
  • 顧客資金の分別管理
  • 兎にも角にも透明性が高い

記載のとおり、透明性が高く安全性では恐らく随一

またMT4以外にも珍しい cTrader という取引プラットフォームを提供しており、

スキャルピング等のスピードが求められる投資家からは絶大な信頼と人気を得ています。

唯一の欠点は入金ボーナス等はやっていないこと。

逆に言えば口座開設の際は、必ずキャッシュバックサイトで開設すべき業者です。

Axioryのキャッシュバック口座開設はこちら

iFOREX

  • 複数金融ライセンス
  • 通貨はもちろん、世界の株や指数、仮想通貨にも投資可能
  • 1996年から営業する老舗
  • 億り人を輩出「アイフォ戦士」たち
  • 日本語サポート万全
  • 口座残高に利息3%が付与される

根強い人気に支えられているiFOREX。

いろいろと他サイトでもオススメされている業者ではありますが、

実は一番メリットがあるのは、

世界の株に投資できること

なのではないかと最近は思っています。

iFOREXの良さについては下記でまとめています。

また、やすくんブログ限定で、

iFOREXの開設で最大2万円を差し上げています。

GemForex

  • NZライセンス取得
  • 比較的新興業者
  • 入出金は早い
  • サーバーは弱め
  • 20,000円の口座開設ボーナス
  • 何よりもどこよりも豪華な入金ボーナス
  • ただしDD方式、ポジション数に制限あり

ここはサーバー落ちして取引できない時間が生まれたりしますが、

もうすべてに目をつぶっても余りある魅力が入金ボーナス

およそ1か月の間に2回、入金ボーナス2倍適用される抽選期間があります。

しかも口座開設時に20,000円くれる時もあるので、

かなり手厚いボーナス業者といえます。

こちらもキャッシュバックサイト経由口座をオススメします。

自己IBは2.5pips、キャッシュバックサイトでは4.5pipsです。

ただしGemForexの入金ボーナスが適用できるキャッシュバックサイトはFinalCashBackのみなので注意!!TariTaliが対応しました。

FinalCashBackのユーザー登録はこちら

IronFX

  • 過去に信頼を損なう事態を起こしている
  • ただし厳しい英国の金融ライセンスやその他ライセンスは豊富に取得
  • 純粋なトレード環境はトップレベル
  • 複数の入金ボーナス制度あり
  • 約定拒否やリクオートなし

なによりもIronFXというと、「過去に事件を起こした業者」というイメージがつきまとってますが、

IronFXについて批判的なブログを書いている方は、

「中国での出金拒否事件があったらしい

「日本から一時撤退の際に出金拒否等をしたらしい

とかの、実体験を伴っていない伝聞ばかりです。

IronFX社は、これらの事件に対して

「当社は出金の遅延について、キプロス当局のCySECを含む7つの規制当局からも苦情やその他正式な通告を受けていません。全ての出金が、業界で標準的な処理日数で適切に実行されています。」

と回答しているとおり、特にここ数年、日本復帰後の出金拒否については口コミサイトでも見当たりません。

海外の口コミサイトがどうのこうのという根拠で批判しているブログなんかは信用に値しないとやすくんは思っています。

ちなみにIronFXについてもやすくんブログから開設すると、最大5万円が受け取れます。

キャッシュバックサイトに登録する

ここまで、主に海外FX業者について解説してきました。

仮に口座を開設したくなった場合、必ずやっておきたいことがあります。

それは、キャッシュバックサイトを通じた口座開設です。

キャッシュバックサイトとは、

取引するだけで、取引量に応じたキャッシュバックを払ってくれるサイトです。

例えば、XMの口座開設をキャッシュバックサイトTariTaliから開設した場合、

10万通貨取引するたびに9USD(約900円)キャッシュバックされます。

1日10万通貨、月22日として900×22日で19,800円。

1日100万通貨取引できるなら198,000円。

…もはやキャッシュバックで生活できる。

これは冗談ではなくて、キャッシュバック狙いの投資法を駆使している方も大勢います。

やすくんも「CBA法」と名をつけてキャッシュバック狙いの投資をしていますし、実のところ成績はこれが一番良いです。

なぜキャッシュバックサイトはこのようなことが出来るのでしょう。

例えば、XMで口座開設すると、

XMを紹介したキャッシュバックサイトは、

口座開設をした人が10万通貨取引するごとに10ドル、XMから支払われています。

その10ドルのうち、9ドルを還元してくれているわけです。

これにより、XMではドル円が大体0.15pips程度のスプレッドですが、

0.9pipsが還元されるので、実質0.6pipsがスプレッドとして縮小できることになります。

使わない手はない。

ちなみに、基本的にデメリットはありません。

一部サイトでは、

「キャッシュバックサイトから登録すると、その分スプレッドが拡がるから意味がない」

なんて記載も見られますが、下記画像の通り、

XMとGemForexの例を挙げますがスプレッドに違いはありません

また、

「入金ボーナスが対象外になることがある」

というデメリットがあることは確かです。

XMも5万円相当の入金に対して100%ボーナスを付与しますが、キャッシュバックサイト経由開設した口座は対象外です。

が、例えば、XMを利用する場合には、複数口座持つことが出来ますので、

ボーナス対象口座と、キャッシュバックサイト口座

どちらも開設すれば良いだけの話です。

(というよりXMはXMPがあるので、どちらも開設すべきです。)

また入金ボーナスが豪華なGemForexの場合、

FinalCashBackから開設した口座は入金ボーナスの対象となります。(※TariTaliも対象になりました。)

さて、どこのキャッシュバックサイトの登録をすればよいか、ですが、

キャッシュバックサイトも複数業者がしのぎを削っています。

FX業者とキャッシュバックサイトとの相性もあるため、一概に○○が良い!!とも言えませんし、言う必要もないと思っています。

なぜなら業者に合わせてキャッシュバックサイトを選べばいいので、

極端な話、すべてのキャッシュバックサイトに登録しておくことでも、

デメリットはありません

が、大手キャッシュバックサイトのTariTaliとFinalCashBack、

TariTali

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ) FinalCashBack

この2つを登録しておけばまず困ることはありません。

やすくんが前述したFX業者で、それぞれ相性が良いのは、

「XM×TariTai」 最大9ドル!!

「Axiory×TariTali」 スタンダード口座4.25ドル!!

「iFOREX×FinalCashBack」 55%バック!!※追加は出来ない

「GemForex×Finalcashback」 5ドル!!※自己IBは4.5ドルなのでこっちのが得

です。IronFXはキャッシュバックサイトがない…。。(その代わりにやすくんブログから開設すると1ロットあたり3ドルバックできることもある。詳細は要問い合わせ)

前述の通りキャッシュバックサイトを利用することにデメリットはないので、

どこのFX業者を使うにしても、必ず、

キャッシュバックサイトが使えるかどうか

を確認してから口座開設するようにしましょう。

ちなみに、FinalCashBackについては、

やすくんブログ限定キャンペーンで7,000円貰えます。詳しくはこちら。

まとめ

以上、海外FXについて解説してきました。

以下まとめ

  • 海外FXだから詐欺業者、ではない。国内FXだから優良、ではない。
  • 口座開設するなら優良会社を見つけ、選ぶ。
  • さらにキャッシュバックサイトは必ず使う。

当ブログ限定!最高額口座開設キャンペーン!!

やすくんのサイトから口座開設やキャッシュバックサイト登録を行うと、

合計で12万円を還しています。

他のサイトを見てもいいでしょう。

直接キャッシュバックサイトを登録するのも良いでしょう。

が、あなたが一番得をするのは、「やすくんブログ」から登録することです!!

取引で利益が仮に出なくても、やすくんから多額の還元がもらえます。

たまにいます、

「やすくんブログから開設したらやすくんが儲かる。なんかいやだ」

それも仕方ありません。ですが、開設するのは同じ手間です。

10万円あれば、トレード専用PCだって買えます。

もったいないです、他のサイトから登録するのも、どこも踏まずに直接開設するのも、

あなたのために考えて、本当にもったいないです。

試しに1つ、やすくんのキャンペーンに乗っかってみてください。

それでちゃんと払われることを確認したら、あとのキャンペーンにも乗っかればいいんです!!

あと、やすくんの借金にも協力すると思って…試しにどうぞ!!

タイトルとURLをコピーしました